27.May.2012"Ita-boach"


Gymnothorax kidako (Temminck et Schlegel, 1847)[Muraenidae]

この日はバディが珍しく日曜日の午後から半休、僕が月曜日からしばらく出張なので、一緒に潜れるのは今月最後かもしれないということで急遽井田へ…三日と空けず、という言葉があるが、一週間に二回潜るのはしばらくぶりである。

夏日、なんてモンじゃ無い。カンカン照りに近い。ウェットを着た瞬間に、汗が吹き出す…
バディのリクエストは、目標深度 10m…それならフリーダイビングのスタイルで、と浅場でのスタティックをこなす。その後、100m ほど泳いで体を温めていたところ、何か(僕の)マスクの調子が悪い。一旦ETしようかなと思って見ていたら潜行のサインが…少し深く潜るのかなと見ていたら…やべぇ本気だ…

慌ててセキュリティに飛んで(じゃなくて潜って)いく。水深 8.5mで追いついたが、もう少し深い場所まで行っている。たぶん10m近くまで行っただろう。

その後、マスクの調整で一旦ETすることに…ETしたバディを見れば足を引きずっている。訪ねてみると太腿が攣ったと言うが、寝かせてみれば「臀部」のほうで…あーあ、これやると一日ダメなんだよなあ…

不調はバディだけではなかった。その後はETしたバディを放置して再度ENしたが、人を呪わば穴二つという、この日は僕自身も調子がおかしかった。マスクの水漏れは止まったものの、フィンを履いた瞬間に足に異常が走る足裏が半分攣って力が入らない状態。水深13.9mから浮上するのにキックが出来ないのには参った^^;

ETする。ペットボトルの水は完全にお湯になっていた。更衣室を掃除して着替え、放置プレイされたバディは思いの外ゴキゲン、本人的には「10m超えたから、今日はオッケー」なんだそうだ。ちなみに、この日はカメラも不調で写真のウツボは三日前のもの…僕的には散々だった^^ヾ
大満足の、バディ・ゆりぴゃん奥さん *^^*V

--

[Today's Log]

dive No. 9/2012
date and time : 27.May.2012 14:11-(14:24/14:49)-15:18(13 + 29 mim)
point : Ita-boach Numazu-ct. Shizuoka-pref. Japan
diver : myu. and yuri.
style : skin diving
depth(max / ave) : 13.9 m / 5.1 m
Tw : 19.8 C
vis(h) : 10 m-
gear : wSuite(3 mm) + hood(2 mm)
weight : 3.5 kg

0 件のコメント:

コメントを投稿