28th July.2012"Takaura beach"

Today's log(English) <- click !!
Microcanthus strigatus (Cuvier, 1831)[Microcanthidae]

副題:本日天気晴朗ナレドモ浪高シ


猛暑である…と「言われなくても分かってるワイ!」と言うくらい猛暑だ。どのくらい猛暑かといえば、ダイビング指数が今期最高の「8+」となった。伊豆半島周辺は、特に海辺では海面との熱交換効果?もあるためか、気温自体はさほど上がらない。せいぜい 32 C 前後であり、また日本の海で水温 28 C 以上なんて滅多にないのだから、この条件はシーズンで数日あるかなしというところだろう…

そんな好日に、我がバディ・ウチの奥さんは、午前中仕事~午後から翌日夕方まで休みという、温泉旅館の仲居さんならではの変速休暇…加えてシーズン真っ盛りの伊豆半島は何処へ行くにも大渋滞である。さすがに、この日は前回のヒリゾ浜弾丸ツアーのような訳にはいかない(この日、ヒリゾは今シーズン初の満員札止めとなった)。

さて、何処で潜ろう?このところの東伊豆は、天候不良と中途半端な黒潮の動きで全般に回復が遅れており、何処へ行っても「10 m見えていれば御の字」という有様。風は南西、手近なところで川奈が考えられるが、駐車場がひどく混むだろう上に施設使用料も安くはない。ということで真鶴に決定!

ここ高浦海岸は、最近の僕のフィールドである。現在では諸般の事情から利用する人が少なくなってしまったが、昔はスクーバダイビングも行われていた老舗ポイントで、魚影の濃さに加えて希少生物群落が興味深い。

ただ、この日は海況が悪すぎた。波高は平均で 1~2 mというところだが、コンスタンスに 1 mの波に煽られるのは、スキンダイビングではかなりの負担である。加えて(お目当てのポイントまで)沖まで200mほど出なければならない。透明度は5mはなんとか見えているが、地形を把握している僕でも、ときどきナビゲーションを間違える、真面目にやらないと命が危ない…

どうにかポイントまでたどり着いたけれども、バディが足の不調を訴えたので無念の撤収。たぶん波に逆らってフィンをかいたんだろう「右足に力が入らない」ということだったので、右側をバインドして浜へ引き返す、ちょうど片肺やられた戦闘機が僚機の片翼を下から支える格好だ…

写真は、どうやら湾内に戻り、比較的静かな場所で偶然撮れたもの。公に出せる品質には程遠いけど、写真のないログも寂しいので、片目瞑ってスルーして(苦笑;

ちなみに、副題の「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は、僕がこんな日の海に好んで使う言葉だ。この文言は日露戦争においてにおいて戦艦・三笠が打電したとされ、日本海海戦の火蓋を切ったときのものである。凄まじい海況だったけれども、こんな日もある。それが海…

[Today's Log]
dive No. 17/2012
date and time : 28.July.2012 14:50-15:12(22 mim)
point : Takaura beach town-Manazuru Kanagwa pref. Japan
diver : myu & yuri.
style : skin diving
depth(max / ave) : 7.2 m / 3.5 m
Tw : 26.0 C
Ta :  32 C(Odawara ct.)
vis(h) : 5 m+
gear : wSuite(3 mm) + Hd(2 mm)
weight : 3.5 / 2.45(2.0 + 1 LB) kg
DI* : 8+

*about DivingIndex :

DI = Ta * Tw / 100
0 <-- severe = Diving Index = happy -->10

0 件のコメント:

コメントを投稿