22nd Aug.2012"Kawana-beach"

Today's log(English) <- click !!
Oplegnathus fasciatus (Temminck et Schlegel, 1844)[Oplegnathidae]
Abudefduf vaigiensis (Quoy et Gaimard, 1825)[Pomacentridae]
Stephanolepis cirrhifer (Temminck et Schlegel, 1850)[Monacanthidae]

梅雨明け十日ならぬ、梅雨明けからそろそろ一ヶ月が経過しそうだというのに、連日の猛暑日である。加えて太平洋高気圧の影響で南西風が続き、オマケに黒潮の接近で海水温は軒並み27℃超、透明度が上がらない理由がない…はずだったのだが…

久しぶりの川奈である。前回がいつだったか全く覚えていない。昨今、毎夏お目見えする「アオウミガメ」は今年はなんと、四個体居着いているという、女房の休みはわずか一日、となれば「川奈で決まりだね!」とここまでは良かったのだが…

一本目:エントリー直後「こんなハズではなかった!」というくらいの白い海が広る。まあ僕的には「夏の伊豆なんてこんなモンさ」感もあるが、収まらないのは、なけなしの休みをとった女房…

耳が抜けないの、体調が悪いの何からかんから言い訳を積み上げては浅場から動こうとしない。まあ、この日は強烈なオキダシ(離岸流)で、あっという間に流されるとあっては仕方ないかもだけど…せっかくカメ探しに来たのに、ソラスズメダイすら疎らという有様では…愚痴も出るわな…
散々な一本目が終わり、お互い言葉も少ない。車で30分の距離にありながら「何でこんな日に当たるの…」というカンジだよね(トホホ。。。

二本目:僕だってガイドじゃないんだから「潜れない、サカナいない、写真撮れない」では収まらないので、一計を案じる。まず第一水中ブイ(水深、約7m)へ移動、はじめは手前の水深約5m付近でスタティック(静的閉塞潜水)の練習。

これ実は結構面白い。スキンダイビングではサカナを散らしてしまうことが多いんだけれども、スタティックで一分も頑張ってると、あちこちからサカナが集まってくる。なるべくエア持ちがいいように、頭をボーっとさせるのがコツだ。
これを一回2~3分で徐々に深場へ誘導する。耳抜きの苦手な人はガイドロープ沿いに三回くらいに分けて深場へ移動していくといい。3m、5m、7m…みたいなカンジで各ポイントで10秒くらい留まると効果的だ。これを10本くらいやると、浅場のフィッシュウォッチングにとても余裕ができる。

その後、女房には「浅場で遊んでて」と、僕自身は「ディープやってくるね」とだけ言い残しビーチ奥へ向かう…写真は、ビーチ奥のブイについていた連中。イシダイ、カワハギ、ワカシのちびっ子に、オヤビッチャなど、なかなか賑やかな夏の風物詩だ、こいつらをジャッジがわりに深場にトライする…

ビーチ奥のブイには、一箇所だけ艫綱がついており、こいつが砂地(18~25m)に伸びているので、今日みたいに透明度が悪い日でも比較的安全に深場へのトライが出来る。リラックスして大きく一息、ロープ沿いに深度を稼ぐ…

ロープは、およそ10mくらいから急激に沖側へ流れているが、そこからはロープを離れて垂直(とおもわれる)方向へ離脱、この辺りから水温が急激に下るが、構わず砂地へタッチして上方を確認し、ターンする。浮上はいくぶん余裕があった。水深計は18.6mを指している、おそらくSeasonBestだ、今日のコンディションとしては大納得である。

浅場へ戻って、女房と合流。水深3~5mくらいで散々遊んだらしい。口中保育中のクロホシイシモチやら、アオリイカのベビーやら、季節ネタのハナシを沢山してくれた。うんうん、そこそこ楽しめたんだね…

最高の海とはいかなかったけれども、悪い海、悪いコンディションでも楽しみ方はあるってことを少しだけ分かってもらえたかも?まだまだ暑い夏は続く。。。
[Today's Log]
dive No. 19/2012
date and time : 22.Aug.2012 12:17-14:14(57 mim)
point : Kawana diving-beach Ito-ct. Shizuoka pref. Japan
diver : myu & yuri.
style : skin diving
depth(max / ave) : 12.4 m / 4.8 m
Tw : 27.6 C
Ta :  33 C(Odawara ct.)
vis(h) : 5 m
weather : sky clear
gears : wSuite(3 mm) + Hd(2 mm)
weight : 3.0 / 2.45(2.0 + 1 LB) kg
DI* : 9+(so happy!)

dive No. 20/2012
date and time : 22.Aug.2012 14:51-15:48(57 mim)
point : Kawana diving-beach Ito-ct. Shizuoka pref. Japan
diver : myu & yuri.
style : skin diving
depth(max / ave) : 18.6 m / 6.0 m
Tw : 27.4 C
Ta :  33 C(Odawara ct.)
vis(h) : 5 m-
weather : sky clear
gears : wSuite(3 mm) + Hd(2 mm)
weight : 3.0 / 2.45(2.0 + 1 LB) kg
DI* : 9+(so happy!)

*about DivingIndex :

DI = Ta * Tw / 100
0 <-- severe = Diving Index = happy -->10

Oplegnathus fasciatus (Temminck et Schlegel, 1844)[Oplegnathidae]
Abudefduf vaigiensis (Quoy et Gaimard, 1825)[Pomacentridae]
Stephanolepis cirrhifer (Temminck et Schlegel, 1850)[Monacanthidae]

2 件のコメント:

  1. 奥様、楽しめて良かったですね~ ショップの透明度情報って、うん~ 嘘が少し入ってますよね~

    もう伊豆もうねって来てるのね、相方ゴルフで和歌山へ行こうとと思ったけど。。。うねって来てるみたい(涙)

    返信削除
    返信
    1. ままさん>

      以前、某現地サービスの透明度の測り方が透視度だったんで指摘したら「スクーバは垂直方向の透明度なんか気にしませんから、透視度イコール透明度でいいんです」という返答でした。OWの講習でも透明度と透視度は区別してるのに、なんだかなーってカンジでしたねw

      台風のうねりですが、我が街、南熱海では遠目で小うねり程度です。今回の2つも例によってヘンテコな進路ですので直撃はないでしょう。
      これで近海の水が入れ替わってくれるといいなあと期待してるんですが、どうでしょね?

      by みゅう@南熱海

      削除