1th DEC.2012"Takaura-beach"

副題:寒い秋
<Today'sLog(English)<-- click here!!>
Acropora puruinosa

朝は雨音から始まった。快晴の予報だったのに…風はナライ(北東)、透明度も絶好調のようだ。今日を逃したら、また一週間待たねばならない。行こう、高浦へ…

装備は今日から少しだけ重くなる。3mmフルスーツの下にフードベストを重ね着するのだ。ウェイトも1kg増すが、これだけで体感水温がかなり変わってくるほか、上がりが少し楽になるので、これで水温15℃までは(普通に)いける。水温15℃を下回ったら…

60分もつものが、30分しかもたなくなる…それだけのことだ。

→ここでCM「ジンベイサメと泳いだ記録」を、ウチの奥さんがアップしてます_^^_ドゾヨロシク

浜は相変わらずゴミだらけ。この時期は、アクアリウム用の魚を捕獲する目的で、好きな連中が集まって焚き火をすることでいくらか浜はきれいになる。捕獲について賛否はあろうが、基本的に死滅してしまう連中なんだから、せめて水槽で長生きさせてやろう、という趣旨は理解できる。

この日は…写真にはならなかったけれども、新しい出逢いがあった。サンゴイソギンチャク畑でクマノミを目撃した。手前から慎重に近づいたが、女の子かなあ?すぐに深場へ逃げられてしまった。またET直前には、ナンヨウツバメウオのペアに出くわした。
常連組みでは、ツノダシ、ミツボシクロスズメダイは相変わらず元気である。オキゴンベもだいぶん寄らせてもらえるようになった。ヒメエダミドリイシの森ではトノサマダイが順調に育っている。

夏場は魚が少なくて心配だったが、ここにきて何もかもが伊豆の秋だ。
ともあれ、今年の水温の下がりは少し早いなあ…年内に水温15℃まで下がっちまうかも。。。