27th. June. 2013 "ISHIGAKI-3"

副題:サヨナラ南ぬ島また来年
[Today's Log(English)]←[click!]
Parapriacanthus ransonneti Steindachner, 1870[Pempheridae]
中一日休んで、休養充分…とまではいかないが、今日が石垣島で潜れる最後の日。何か一つくらい「結果」を出したいところで、バディが頑張ってくれた。
ポイントは一昨日と同じローテーションのようで、一本目が「竹富島北」のポイントである。ここでバディ"yuri"に自己ベストを狙わせることにしたのだ…

彼女の自己ベストは、2010年12月15日、川奈ビーチポイントで叩きだした- 12.8 mである。常々「キミはもう-15m普通にイケるはずだよ」と言い続けてきたものの、なかなかまとまったトレーニングが出来ずにいた。
実は今回、僕の体調はあまりよくなく…と言うより最悪で、-15m過ぎると肺が潰れるような有様、とても格下に-15mを狙わせる状況になかったが、一本目でアップを兼ねて気楽に着底したところ、-13.5mと比較的好調。これならどうにか(-15mまでなら)セキュリティが務まるだろう「砂地なら、どこにタッチしても-13m以上あるから、自己ベスト狙って行って来い!」と気合を入れた…

緊張のスタート…僕も万全のセキュリティ態勢で臨む。ヘッドファーストの入りは若干突っ込み過ぎたが落ち着いて潜っている。砂地の手前で一瞬躊躇したかのように見えたものの、無事タッチ♪
後は僕の仕事だ、-10m付近まで急降下〜浮上する彼女と目を合わせると「OK!」のシグナル…余裕あるじゃん♪水面に出て、再度OK!シグナルを確認した。
その後、彼女がタッチした地点を再度深度確認。-13.2mだった。わずか0.4mとは言え、自然の海で自己記録を更新することの難しさとリスクは計り知れない。この日、彼女の中でひとつの壁が破れたのだ。

二本目以降は、すっかりリラックス。三本目で狙いの「浜島東」のキンメモドキの画がどうにか撮れた。誰が撮ったってプロ並みに撮れる場所でシャッターを押しただけだったけど…楽しめた。

帰路、小さくなってく竹富島を見つめながら、「ありがとう八重山、また来るときはもっともっと素敵な海をみせておくれ」たぶんこんな風につぶやいた。
Homo sapiens Linnaeus, 1758